遠藤直哉ホームページ
遠藤直哉プロフィールフェアネス法律事務所最近の訴訟活動・報告著書紹介


はじまった着床前診断 −流産をくり返さないための不妊治療−
 
目 次


第1部 着床前診断について知ってほしいこと〈大谷徹郎・遠藤直哉〉

不妊や流産を解消する方法としての着床前診断/元気な赤ちゃんを産み育てる権利
着床前診断は体にやさしい検査?/簡単な血液検査で済む染色体検査
着床前診断で妊娠率の向上を/医師・看護師・遺伝カウンセラー・不妊カウンセラーの役割/患者に対する医師らの説明義務の拡大

■着床前診断の理解に役立つQ&A


第2部 患者が求める不妊治治療

1 着床前診断を知っていたら-患者手記-
2 患者支援の政策を〈野田聖子〉
3 選択肢としての代理母・卵子精子提供・着床前診断
  〈野田聖子・根津八紘〉

第3部 日本でもはじまった着床前診断

1 妊娠の成功、早期治療の必要性〈大谷徹郎〉
2 流産をくり返さないための不妊治療〈大谷徹郎〉
3 着床前診断の実施を案現した権利確認訴訟〈遠藤直載〉

第4部 撤廃すべき禁止の会告

1 着床前診断の永い歴史的展開に思う
    生殖医療の展開をはぱむものは?〈飯塚理八〉
    倫理は誰がためのものか-規制するものの権利と義務〈飯塚理八〉
    日本産科婦人科学会の改革へ向けて〈柳田洋一郎〉

2 受精卵診断についての新たな論点〈遠藤直哉〉
    −染色体異常(習慣流産)に対する受精卵診断の必要性
3 ジェンダーパラエティーに必要な男女生み分け〈遠藤直哉〉
   −ジェンダーバイアスかジェンダーアンバランスか
4 日本産科婦人科学会の答串書への反諭〈大谷徹郎・遠藤直哉〉
5 “医学的理由”に基づいた大谷医師の着床前診断〈児玉正幸〉
6 着床前診断は「障害者への差別を助長する」のか〈児玉正幸〉
7 患者とともに問題提起してきた19年間〈根津八紘〉


第5部 海外の着床前診断実施国が出した答え

1 患者の権利への行きすぎた制限一目本1こおける着床前診断の現状批判
    〈サンティアゴ・ムンネ/ジャック・コーエン〉
2 世界三大センターからの報告
    〈ユーリ・ベリンスキー/ジャック・コーエン/サンティアゴ・ムンネ/ルカ・ジャナロリー他〉
3 非医療分野での着床前診断の多様な発展〈ジョン・A・ロバートソン〉
4 受精卵・胚はいつからヒトになるのか〈米国生殖医学会倫理委員会〉
    前胚と胚の違い
    前胚の道徳的・法的地位をめぐる考察


・申し込み方法はこちらをご覧下さい。