遠藤直哉ホームページ
遠藤直哉プロフィールフェアネス法律事務所最近の訴訟活動・報告著書紹介


第2回 着床前診断研究会

 着床前診断はご承知の通り、不育症や不妊症患者の流産率を下げるために有効な技術ですが、その発展を図るために前回のシンポジウムに引き続いて、第2回着床前診断研究会を開催させて頂きます。

 特別講演:Dr.Santiago Munne: St.Barnabas Medical Center PGD to improve IVF outcome and reduce spontaneous abortion risk
■ 講演:大谷 徹郎:大谷産婦人科 「着床前診断における割球の採取とスライドグラスへの固定の実技とコツ」
 日時:平成18年5月28日(日) 17:30〜19:30
■ 場所:スクワール麹町 5階 芙蓉の間 (参加無料)
  (〒102−0083  東京都千代田区麹町6−6
  JR中央線「四ッ谷」駅前 地下鉄丸の内線・南北線「四ッ谷」駅から徒歩2分。地下鉄有楽町線「麹町」駅より徒歩6分。 )
 参加ご希望の方は078−842−0651までFAXにてお申し込み下さい。
私たちは着床前診断の実施を希望される施設を支援したいと考えています。
 着床前診断研究会 〒657−0051 神戸市灘区八幡町2−1−23 大谷産婦人科内 TEL(078)821−4103
 なお、当日1:00pm〜5:00pm妊娠出産をめぐる自己決定権を支える会(FROM、飯塚理八会長)の「世界における生命理論と生殖医療」の中でもMunne先生の「世界における着床前診断の状況」の報告があります。
  ■ 場所:上記と同じ
■時間は2:55pm〜3:25pm、
■ 参加無料